上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野兎

久し振りに実家に顔を出したら なんかちっこいのがいる
“ どうしたの? ” と聞くと “ 捕まえたのよ ウラヤマで ” と得意気
“ どうやって? ” と聞くと “ ひょいとね 素手で ” という
“ どうすんの? ” と聞くと “ どうしよう ・ ・ ・ ” ときた

流石です 母上

幼い頃 動くものを見つけたら 兎に角何でも追っかけた
捕まえてどうするなんて目的なんかなく
それは最早 本能とかなんとか 学者先生にしかワカラナイ世界の問題なんだろうが
その先には “ これ どうすんの ・ ・ ・ ” と言う母の困り顔と
黙って父が作ってくれるゲージが 決まって待っていた

あれはどうやら遺伝のようですね 母上

そこでひとつ 少し大きくなった息子からできるアドバイスとしては
そろそろ逃がしてあげたらどうだろう 来年に向けてさ


11.24 (Wed) 15:01 [ 日常 ] TOP▲
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。