上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつかの夏

それはまだ 昨年の夏
僕が撮ったものではないけれども ずっと欲しかった写真です
生来被写体になるのは苦手なのに輪をかけて これまでのスタイルから考えても
誰かの目を通して自分が存在しているこの鮮やかな想い出は
もうあるかなしかの 僕にとってはとても貴重なショットです

それは昨日のようでもあり もう随分遠い昔のことのようでもあり。。。

そもそも 「 出来事 」 ってのは どこらへんを境に 「 想い出 」 になるんでしょう
昨日のこと 去年のこと ずっと昔のこと  ついさっきのことなんてどうなんでしょうか
良いことの方が多いような気もするけど 嫌なこともそんな感じに呼べてたりすることもあるし
その単純なようでフクザツな記憶の熟成は 時間の経過だけでは片付けられない気がします

季節はまた 新しい夏へ
   
皆それぞれ ありようは違っても たくさんの想い出に出会える事を願って
おくればせながら  “ 暑中お見舞い 申し上げます ”


スポンサーサイト
07.25 (Fri) 12:07 [ 釣行記 ] CM13. TOP▲
回廊

   物理的な目標が 無い訳じゃない
   ただそれが 僕がここにくる理由じゃない
   ましてや歩き続ける目的でなんて ある訳ない
 水衣
       文月 初旬 梅雨明けの峪

      今日も空はどこまでも高く 森は変わらずに深い

     それを知るほどに 僕はどんどん小さくなって
     目指すものは近付いたようで 果てしなく遠のく


07.16 (Wed) 01:48 [ 釣行記 ] CM12. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。